Boulder Skincareの出発点

BOULDER SKINCAREの皮膚保護剤としてのコンセプトは、 ヨーロッパで生まれました。冬が長く乾燥しやすい環境では肌荒れが大きな悩みです。寒さの中、手肌にとっての一番の敵は「水」 水は手肌に付くと熱を奪い、乾こうとする(気化熱を奪う)性質をもっているため、それを防ぐための皮膚保護剤を開発していくことを目的に研究がスタートしました。開発していくなかで、BOULDER SKINCAREは乾燥だけでなく、あらゆる有害物質から皮膚を守るという機能を併せ持つ皮膚保護剤へと進化しました。

  • BOULDER SKINCARE 最大の特徴

    超微粒子(1mmの1000万分の1=オングストローム)のため、これより大きな分子は全て遮断するという機能をもつ皮膚保護剤です。有害物質はBoulder Skincareの作る膜(バリア)を通れない、即ち皮膚の中に浸透できないということになります。

  • BOULDER SKINCARE の仕組み

    Boulder Skincareの最大の特徴である超微粒子は、手肌に塗ると1~2分で表皮(角質層)の中に入ってしまいます。この超微粒子のバリアが酸やアルカリへの皮膚の耐久性を数百倍も強くしてしまうのです。化学物質はほとんどがイオン化されていますが、イオン化されているものは全て跳ね除けて遮断してしまいます。

  • 幅広い用途で使用できます

    自動車メーカー・スポーツメーカーや医療機関などの幅広い異業種で年間70万本の販売実績を誇るスキンケア商品です。化粧用の下地クリームはもちろん、オムツかぶれ・ハウスダストの保護・細菌からの保護・金属アレルギーなど幅広い用途で使用出来るスーパースキンケア商品です。

BOULDER Skin Care INTRO Movie